Ryui 2019 collection

標本箱

ふと差し伸べた手は
友人には親愛の手
飼い犬には撫でて欲しい手
ライオンには
ご馳走の手であるかもしれない

見える 聞こえる 触れる
そんな感覚や考えはすべて事実であり
事実でなかったりする

誰もが全く知りえない程の多様な違いが
この世のすべてをつくり 誰もがその一部
標本箱にはそんな楽しさが
無限に詰まっている

その違いを知ることは、暗闇に手をかざし
自分の位置を確かめるような感覚に近いと思う

Online store